製品紹介

Cambrian battery

Dual Carbon Battery

  • Use carbon as an active agent for both cathode and anode material
  • Medium to small-sized cells
  • Features include fast charging / discharging and extra-long life

Single Carbon Battery

  • Use Lithium-iron-phosphate (LFP) for cathode and carbon for anode
  • Medium to large-sized cells
  • Homologize the cell design that emphasizes capacity as well as power

メリット

エコフレンドリー

電極活物質にレアメタルを極力使っておらず、枯渇資源のマイニングなどがないため環境にやさしい設計となっている。

急速充放電

ハイレートのバッテリー設計を行ってもパフォーマンスが落ちず、急速充放電に対応している。また、独自設計のBMSを組み合わせることによりさらにパフォーマンスの向上が可能

高い安全性

活物質が安定構造となっており、過充電を行っても酸素を放出しにくく発火、暴発の危険性が少ない。また、内部短絡しても爆発の危険性が少ない。

長寿命

サイクル性能に優れており、8000サイクルの充放電を行っても90%程度の容量を保持留守ことが可能(バッテリーの用途によりレシピが異なる)となっている。

デメリット

エネルギー密度

TypeSの場合、体積エネルギー密度、重量エネルギー密度がLIBより10%程度低くなる。

価格

量産化がなされていないため価格が高いが20万セル程度の量産により国産LIBと同程度の価格帯を実現するとことが可能となる。

弊社のサービス

Cambria Eye©セルをKey Deviceとしたサステイナブルな電源システムの提案・コンサルタント、実証、製造・販売を通して、ご要望や課題解決にお応えします。

利用領域

電動移動体

無人機

エネルギー貯蔵

データセンター

家電