地球上、全ての人に電気を!

電気のない暮らしをしている人々は世界でまだ11億人いると言われています。
これは、世界の人口の約20%。5人に1人は、まだ電気を使えていないと言う事です。
PJP Eyeは国連の「2030年までに全ての人に電気を」の目標の達成を実現します。
弊社が開発したカンブリアンバッテリーを搭載したポータブル蓄電器(パワーボックス)をソーラーや人力といった、化石燃料に頼らない発電方法により充電する事により、資源や財力に乏しい国々の人々に職を与え、クリーンなエネルギーを提供していきます。

Laboratory6ポータブル蓄電池

カンブリアンが入ってるポータブル蓄電池
弊社のカンブリアンが入ったポータブル蓄電池。通常5ー10時間ほど掛かる1KWの充電も、カンブリアンだったら、
1時間未満でフル充電!

折りたたみ式ソーラーシート

これは、カンブリアン蓄電池を充電するためにデザインされた、持ち運び用折りたたみ式ソーラーシートです。
カンブリアン搭載のパワーボックスと組み合わせれば
世界中どこでも、急速充電蓄電池として、
電気インフラに取って代わることができます。

マイクロパワープラント

莫大な資金をかけて電気のインフラを整えなくても、太陽光のみで電気を作り、急速に蓄電する、それが PJP Eye の答えです。

SDGs 7番目の目標

エネルギーをみんなに、そして、クリーンに
エコでハイパフォーマンスなカンブリアンとポータブル蓄電器を組み合わせる事により、<br/>国連が表明する、2030年までにクリーンなエネルギーを地球上全ての人へ提供するゴールの達成を実現します。

マイクロパワープラントの性能

マイクロパワープラントは色々な形に改造する事により、様々な利用用途を提供できます。この地球上全ての人に電気をどこでも、いつまでも。

40分の急速充電

カンブリアンだからできる蓄電池の急速充電!1KWの蓄電池を約40分でフル充電!

どこでも充電

国境を選ばず、どこでも充電!

災害時の無料給電

災害時、停電時などの緊急事態に電気を配る役割を持たせることもできます。

EVのチャージングステーション

EVのチャージングステーションとしても改造することができます。

未来の電気インフラの形

マイクロパワープラントは持続可能なエネルギーを創設します。また、急速充電の実現により、長時間の充電のため経済的に不可能とされてきた、以下のような利用シーンを想定できます。

サービスステーションとしての充電

場所を選ばずどこでもチャージングビジネスを成立できます!

マイクロモビリティのチャージングスポット

シェアスクーターやシェアバイクビジネスのチャージングステーションとしてもご活用いただけます。

公共機関内での電気提供

病院や学校などの予備電源としてご活用できます。

Co2を排出しない発電方法

Co2を排出せず、クリーンでグリーンなエネルギー発電方法です