12 10月 2022

学生時代、東南アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカを旅した際、教育、医療、電気にアクセスできない多くの子供たちに出会いました。帰国後、私は、携帯電話上でアバターを使用する初期のAIやプレイステーションのゲームなど、モバイルゲームアプリケーションを基盤としたビジネスをいくつか立ち上げ、大きな成功を収めました。

この成功に加え、世界中の多くの子どもたちが苦しんでいることを知り、より良い方向に物事を変える方法を見つけたいと思うようになりました。そこで、国連の支援を受けて、国連経済社会理事会(ECOSOC)と共同で、ニューヨーク本部の第2ビルを拠点とするNGO「エコ・プラネット」を立ち上げました。これが、私の世界貢献の方法となりました。

NGOのディレクターとしてクルディスタンを訪れ、難民キャンプの子どもたちを訪ねました。そこで出会った光景は、私に深い衝撃を与え、現在の私の行動すべてを形作っています。私の3人の娘と同じ年頃の子どもたちが、地獄のような日々を送り、戦争の犠牲となり、未来への希望を失った目で私を見つめていました。

この子どもたちは、難民キャンプで、世界中の人々が当たり前のように使っている基本的な電気さえもなく、暗闇の中で恐怖に怯えながら生きていた。私はその時、できる限りのことをしようと思いました。しかし、世界のすべての問題を解決することはできません。でも同じ頃、九州大学とパワージャパンプラスが共同開発している炭素電池技術のことを知りました。2017年、私はその会社を買収し、環境問題と人権問題の両方に対応できるエネルギーソリューションを提供できるサステナブルエネルギー企業として、PJPアイを立ち上げました。

2018年にパウチ型セルの商品化に成功しました。2019年には、電動アシスト自転車やeスクーター、ドローンなどの製品に搭載し、これらの製品を使って、当社の技術をアピールしました。クラウドファンディングを通じて、私たちの技術やその活用法を世界に発信するようになりました。 世界のいくつかの地域では、Covid-19の影響で、子どもたちがオンラインレッスンにアクセスするための携帯電話を充電するために、山道を何時間も移動しなければならないことを私は知っています。

電気は、彼らにとって必要不可欠なライフラインなのです。

私たちPJP Eyeが目指すのは、世界中の子どもたちが少なくとも10歳までは教育や医療を受けられるようなソリューションを提供することです。世界の環境を改善し、地球上のすべての子どもたちが必要なサービスを受けられるようにすることが、PJP Eyeのビジョンであり、最終目標です。

私たちの名前の由来を聞かれることがあります。それは、私たちの地球の初期の歴史において、動物の主要なグループのほとんどが最初に現れたカンブリア紀の爆発にさかのぼります。それは、地球の歴史において重要な瞬間でした。PJPの "目 "は、地球の未来をしっかりと見据えています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

PJP Eyeは「電気の力で、より良い暮らしを!」をモットーとし、地球上のすべての人々に幸せを届けることを使命にしております。

それが、私どもの活動の原動力となっており、チームを結束させる源となっています

私たちのチーム
0.16g of CO2 per page view
/ Cleaner than 85% of pages tested